こんにちは 新米店長アグリです。
18回目は「農機具の買取り業者の選び方」について勉強しましょう。

農機具の買い取り業者の数は少ない傾向にあります。
しかし、「農機具を処分したい」、「買い替えたい」と思った時には、廃棄処分をする前に買取り業者を利用した方が良いでしょう。
買取り業者では、農機具の状態や業者の規定によって、買取ってくれるか無料引き取りになるかが変わってきますし、買取りになったとしても、その金額で買い取ってもらえることもあるのです。
ここでは、良い買取り業者の選び方を紹介します。

◆複数社比較しよう!
農機具買取り業者を利用するときは、複数社比較するようにしましょう。
まずはインターネットのホームページを見て、故障していても買取ってもらえるか、買取り対象の農機具は何かなどを確認しましょう。
また、さらに詳しく知りたい人は、電話をしてみるのも良いでしょう。
その際、売りたい農機具の商品名と型番、付属品があるかないかや、現在動く、動かない、エンジンは入るが、〇〇が動かないなどの状況を説明すると、大まかに事前査定を行ってくれることもありますよ。

◆悪質な買取り業者にはご注意!
買取り業者の中には、良心的な業者もあれば、悪質な業者もあります。
悪質業者は、買取り相場を知っているにも関わらず、適切な買取り価格よりも安い金額で買取ろうとします。
安い金額を提示する前には、査定する農機具を、「古い型だから」、「傷が酷いから」、「人気が無ない農機具だから」などと言って、お客さんに、「この農機具は買取り価格がないんだ・・・」と思わせるのです。
そして、「本来引き取りのみになるはずですけど、特別に〇円で買取りましょう!」と、お得になったように見せかけて、本来の買取り相場よりも安い金額で買い取るのです。
この例のよいに、悪質業者に騙されることがないように、事前に買取り相場を調べておくことが大切ですよ。

店長の会社では農機具買取りをしております。修理してもダメな場合は一度ご相談ください。
お役に立つ事もあるかと思います。
次回は【農機具買取り業者のアレコレ】について勉強しましょう。
それでは、次回もよろしくお願いします。