こんにちは 新米店長アグリです。
今まで、4回の勉強をしてきましたが、店長も農機具の奥の深さにはまってしまいました。
これからは、頻繁に更新していきますので、お付き合いください。

5回目は「農機具を使うことのメリット」について勉強しましょう。
●農機具は重労働を行ってくれることがメリット!
先でも述べていますが、農機具は、人間が行うことができない、または行うのに時間がかかる農作業を代わりに行ってくれることが最大のメリットです。
人間ができる作業には限界がありますので、それを機械に頼るようになるのは自然ですね。

●農機具を使えば人出不足が軽減される!
農業は、以前から、人出不足に陥っています。
その人出不足は地域によっても異なりますが、農業を継ぐ若者が少ない地域が、非常に多く存在するのが現状です。
その人出不足で悩んでいる農家に農機具を導入することによって、機械に任せられるところは全て任せることによって、人出不足を軽減させることができるようになります。

●農機具を使えば作業効率が良くなる!
人間が作業を行う時間と機械が作業を行う時間とでは、当然機械が作業を行う時間の方が断然効率が良いため、多くの農家では農機具を導入しています。
また、農業は、農家によって昔から独自のノウハウがあることがほとんどです。
そのため、新たにそこの農家で働くことになった新規就業者は、そのノウハウを習得するまでに、非常に時間がかかってしまうのです。
最近の農機具には、スマートフォンやタブレットで管理できるシステムを導入しているものもありますので、そのような農機具を導入すれば、その農家のノウハウを短期間で学ぶことができます。
また、作物の状態もしっかり管理できるというメリットもあるため、作りすぎや収穫のし過ぎを防ぐこともできるのです。

次回は【農業・酪農業・畜産業共通で必要な農機具の種類】について勉強しましょう。
それでは、次回もよろしくお願いします。