こんにちは 新米店長アグリです。
8回目は「酪農業・畜産業で必要な農機具の種類」について勉強しましょう。

農業と同じく、酪農業や畜産業も日本の食文化にとって欠かせない職業ですね。
酪農業、畜産業では、農業とは少し違った農機具があります。

◆自動給餌機
自動給餌機とは、牛や豚、鶏などの家畜や家禽にエサを与えるために使用する農機具です。
トウモロコシや大豆などの濃厚飼料やサイレージなどの粗飼料を入れると、自動給餌機がカットした後、混ぜ合わせて、家畜の小屋にエサを配ってくれることを、自動的に行ってくれるのです。
自動給餌機には、濃厚飼料専用タイプと、濃厚飼料+粗飼料タイプ、粗飼料専用タイプなどがあり、家畜や家禽の種類によって使い分けます。
エサを与える仕事はかなりの重労働で時間がかかる仕事なので、自動給餌機を使うことによって、作業効率が格段に良くなりますね。

◆給水機
給水機とは、家畜や家禽に水を与えるために使用する農機具です。
家畜や家禽が、欲しいときに欲しい分だけの水を飲ませることができます。
給水機は、寒冷地でも水が凍らないようなタイプ、水が逆流しないようになっているタイプ、家畜が水遊びをしても水がこぼれないようなタイプなど、さまざまな種類があります。

◆芝刈り機
芝刈り機とは、芝や雑草を刈り取るために使用する農機具です。
酪農業や畜産業以外の用途で使用するときは、雑草を刈り取って捨てるために芝刈り機を使用しますが、酪農業や畜産業の場面では、家畜が食べるためのエサを作るために芝や雑草を刈取ります。

◆搾乳機器
搾乳機器とは、牛やヤギなどの乳を搾るために使用する農機具です。
酪農業は牛やヤギの乳がないと経営が成り立ちませんので、多くの酪農家では、効率良く搾取するために搾乳機器を採用しています。
現在の搾乳機器では、自動搾乳機が主流になっています。

次回は【農機具を運転する際の運転免許】について勉強しましょう。
それでは、次回もよろしくお願いします。